絵画論番外編 日々のつぶやき3

注意 これは絵画に関する素朴な思いつき、つぶやきです。 つまり「ツイッター」と同じです。 実際のツイッターは苦手なので、 紙にメモしたものをいくつかまとめて公開します。 0053 絵を鑑賞する時、目を細め光量を落として見てみる どんなに上手に描けている様な絵でも 細部がつぶれてベタっと平板に見えるものはダメ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第4回 アールブリュット和歌山展

和歌山県内の主に障害のある方々による 美術展 アールブリュット和歌山展が、10月13日より、 県内各地を巡回開催されます。 前回に続き、当美術研究所に通われている 藤本深恵さんの掛け軸数点を含む100号の 大作も展示されるそうです。 昨年、太地町の飛鳥神社で開催された 個展の作品も(以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき2

注意 これは絵画に関する素朴な思いつき、つぶやきです。 つまり「ツイッター」と同じです。 実際のツイッターは苦手なので、 紙にメモしたものをいくつかまとめて公開します。 0027 見えている世界の全てのものは極小の立方体で構成され、 その角が自分の目の方向に向いていると意識する これが奥に傾いた面の見方 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

2018熊野美術協会企画展

先週、熊野美術協会の絵画展が新宮市の 旧蓬莱小学校体育館でありましたが、その 本展と同時期に別の画廊で毎年、会員の 人たちによる企画展が行われます。 今年は、私も含めた会友さんたち10人で 6月3日から10日まで、新宮駅前中村画廊で 開催されました。 今回、私は4月に死ん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき1

「絵は理屈ではない」と言われる。 絵は絵であって言葉では語れないと言われる。 神学論争において いくら神を議論しても神に近づけないのと同じで 絵画論は無意味だとも言われる。 多くの絵描きは絵について語りたがらない。 わかったことの万分の一も実際に描くことが出来ない。 だから恥ずかしくて語れない。 偉そうに言っ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more