テーマ:絵画鑑賞法

<絵画論記事のまとめ>

これまでの絵画論の記事のまとめです。 <<このblogの絵画論の説明・特徴>> 強く注意しておきますが、これらは芸術の話は含みません。 (重要な違いになります。) この絵画論は私の経験のもとに考えたことをまとめたに過ぎません。一般的にこういう「絵画論」という学問が存在しているわけではありません…
トラックバック:17
コメント:4

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき4

注意 これは絵画に関する素朴な思いつき、つぶやきです。 つまり「ツイッター」と同じです。 実際のツイッターは苦手なので、 紙にメモしたものをいくつかまとめて公開します。 0084 絵は視覚に惑わされない様に見て 惑わす様に描く 0085 ぼんやりと焦点を合わさず絵を見ると その絵の真価が解る(と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画論その28 “ちぐはぐ立体”にご用心

▼ 世の中には様々な絵画の描き方があります。例えば同じ風景を描くにも、情緒的に描くのか、写実的に描くのか、さらに平面的に描くのか、立体的に描くのかなどがあります。 何かを写実的、立体的に描く場合、気をつけなければならないことがあります。それは「ちぐはぐ立体」です。(いつものように私が勝手に名づけました。)この概念はほとん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき3

注意 これは絵画に関する素朴な思いつき、つぶやきです。 つまり「ツイッター」と同じです。 実際のツイッターは苦手なので、 紙にメモしたものをいくつかまとめて公開します。 0053 絵を鑑賞する時、目を細め光量を落として見てみる どんなに上手に描けている様な絵でも 細部がつぶれてベタっと平板に見えるものはダメ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき2

注意 これは絵画に関する素朴な思いつき、つぶやきです。 つまり「ツイッター」と同じです。 実際のツイッターは苦手なので、 紙にメモしたものをいくつかまとめて公開します。 0027 見えている世界の全てのものは極小の立方体で構成され、 その角が自分の目の方向に向いていると意識する これが奥に傾いた面の見方 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論番外編 日々のつぶやき1

「絵は理屈ではない」と言われる。 絵は絵であって言葉では語れないと言われる。 神学論争において いくら神を議論しても神に近づけないのと同じで 絵画論は無意味だとも言われる。 多くの絵描きは絵について語りたがらない。 わかったことの万分の一も実際に描くことが出来ない。 だから恥ずかしくて語れない。 偉そうに言っ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その27 形が先、色は後

私の絵画論は広い絵の世界の中の、ごく一部の絵に関する理屈を語っています。今回も「自分の体だけを使い、対象を直接観察し、実物の存在感を浮き立たせる絵」を中心とした話になります。 今回の主題は「色にとらわれてはいけない」です。これは私が生徒たちに絵を教えていて、特に気になっているところです。よくある「自分の感性で自由に描け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画論その26 絵画にはワクが有る

絵画は長方形の枠(わく)の中に描かれます。 そんな枠の存在について語ってみます。 ▼区切る 風景画を描く場面を想像してみましょう。描くために、目の前に広がっている世界を直接観察します。ここで、首を動かせば空や足元を見ることができますし、体をひねれば後ろまで見ることができます。しかし、その広大な光景全てを、一枚の小さ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

熊野美術協会展始まる!

伝統ある熊野地方の絵画公募展『熊野美術協会展』が 明日27日より3日間、新宮市民会館で開催されます。 当研究所から私をはじめ5人の方が力作を出品し、素敵な賞も いただきました。ぜひご来場、ご高覧くださいますよう お願いします。皆上手く描けてるので紹介してしまいますね。 上野節子さん/二科展にも毎…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その24 全体絵画の説明の続き

はじめに 前々回に説明絵画の話をしました。これは「もの」に注目して描く絵だと説明しました。「もの」とは何か。それは具体的に形のある一つのかたまりのことでした。(英語で言うobject?) それでは形がうつろな場合はどうでしょうか。例えば霧や虹、雲など、これらも「もの」なのでしょうか。絵画に限った話かもしれませんが、現象に注目して…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その21 「転換」という発想

つい最近、絵に関して新たなことに気付きました。 それは、「絵とは別次元のものを平面に写すことである」です。たったこれだけですが私にとっては重要な大発見でした。長い間,絵に携わっていたのに気がつかなかったというのも不思議です。今回はこの話をしましょう。 ▼3次元から2次元への取捨選択 一般的な、被写体を眺めてキャ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その20の② 「絵」という言葉による混乱(後篇)

前半からの続き。 ▼別々の山 一般的に、目標を持つこと、向上心を持つことは良いことです。一所懸命続ければ、目標に少しは近づくからです。ただし、これはその道が目標にきちんと通じている場合に言えることです。 これまでの説明を聞いていて、「楽しんで描いているだけでも、ずっと長い間続けているうちに、自然に右の絵のようになるのではな…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その20の① 「絵」という言葉による混乱 前篇

絵に関して多くの人が陥っている混乱について、私なりの話をします。 ▼いろいろな絵 いきなりですが、あなたの周りにはどんな絵がありますか?美術館に飾ってあるようなヨーロッパの名画。子供のいたずら描き。祖母の習いごとの絵手紙。学校の風景写生。新聞の風刺画と四コマ漫画。テレビでよく見る、路上パフォーマンスで描く立体的に浮かび上がる絵。…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その17 立体論Ⅴ-濃淡で立体を見る-

前回、今回で立体理論は終わりとアナウンスしましたが、間違いでした。 まだまだ説明したいことがあります。 あと何回続くかわからない状況です。 ▼今回の話について 立体的な絵を描くのはとても難しいことです。その理由は、描くこと自体もそうですが、被写体を観察することが難しいからです。立体的なものを立体的にとらえるのは非常に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

絵画論その16 立体論Ⅳ-空間を描くための心構え-

絵画論の中の立体論の続きです。 ・今回は「現実の光景は立体的で、空間が存在していることを意識することが必要」という話です。これは、「その場の臨場感(風や温度、匂い、音など)を何となく感じよう」ということではありません。絵を立体的に描くための技術として、対象の何をどのようにとらえるとよいか、という話です。 ・実際に行われている…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その15 立体論Ⅲ-ふくらみを意識すること-

これまでの流れをまとめてみます。 このブログの絵画論は、絵画を鑑賞する方法や感じる方法をいろいろあげてきました。その一方で実際に絵画を表現する(描く)方法も説明してきました。こちらは 線→平面→立体(最近はこれ) と順に次元を上げています。現在の立体論はこんな感じで進んでいます。 立体論Ⅰ立体に関する雑談 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

絵画論その14 立体論Ⅱ-写真を見て絵を描くこと-

今回も「立体論」と看板を掲げてしまいましたが、実際は「立体じゃ無い論」かもしれません。「絵画と写真」という、皆さんも一度は気になったことがあるであろう関係に触れます。 ▼写実画と写真は同じ? 絵画を見たときのほめ言葉で、「まるで写真みたいに良く描けている」という言い方があります。この言葉は多くの人が日常的に使っていま…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その13 立体論Ⅰ-この世界をどのように見ているか-

平面から立体へ この絵画論では「線から面へ」という流れで話をしてきました。 今回からは、立体の話をします。 ただ、話したいことがあまりにもたくさんあります。 どこからどうやって説明したら良いのか、 正直まとまる気がしません。 なので、思いついた順に話していくことにします。 全体としてまとまりが無いことをご容赦く…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

絵画論12 続、構図の秘密 -幾何現象・視線-

これまでのまとめ→<絵画論記事まとめ> 引き続き、構図のお話です。 ▼絵画におけるモアレという存在 前回、構図によって起こる視線の無意識の動きと画面との関係を説明しました。(絵画論11 構図の秘密)しかし、前回の範囲でしっかりと構図を考えても、それとはまた別の不都合が起こることがあります。 ▲予定外のものが生…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その11 構図の秘密

以前、絵画というのは構図が重要だ、構図というのはバランスのことである、と書きました。 (絵画論その4 画面構成(構図)を大切に考える ) 今回はそのことについてお話します。 ぜひ、各イラストをクリックして、そこに描かれた意味を考えてみてください。 キーワードは「視線の制御」です。 ▼構図を考える理由 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

絵画論その8 絵画はイリュージョン

(いきなりですが、以下の数行は飛ばしてもらっても結構です。) マーク・ロスコ(1903-1970 アメリカ)という画家は、自らの美術論集(みすず書房)の中で「目に見える周りの世界をまねて本物そっくりに描くというのが絵画の本質ではない。絵画は自己の表現でありコミニュケーションでもある。絵それ自体が現実として存在しなければならない。表…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

絵画論その7 飛び出す絵と引き込む絵

絵にはいろいろなジャンルがあります。 洋画と日本画、具象画と抽象画、 風景画と人物画、あるいは時代ごとに区切り、 ロマンだのバロックだの印象などといった その時代のものの見方や表現法で区切られます。 私は絵画を鑑賞するとき、これとは違った別の見方をします。 それは、その絵が画面から飛び出すように見えるのか、 または画面…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

絵画論その2 「いい絵」と、それを調べる最も簡単な方法

今回は「いい絵(良い絵)」と呼ばれるものについてお話したいと思います。 ▼誰にとっていい絵なのか いい絵について語るわけですが、あるところにひとつの絵があり、それを100人が100人共いい絵だと感心する、というのはありえないことです。そこが絵の面白いところです。ピカソの絵でも何も感動せず、「こんなの俺でも描けるぞ」と言う人は…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

絵画論その1 自分で描いた絵を鑑賞するということ

▼「自分が描いた絵」と「周りの人(自分含む)」との関係は 世の中には多くの絵が存在しますが、ひとまず他人の絵の事は置いておきましょう。まず最初に「自分の描いた絵」と、それをとりまく人との関係を考えてみたいと思います。3つのケースに分けましたので次の図をご覧ください。 「自分が描いた絵」に対し、ケース1と2は「自分」との関…
トラックバック:5
コメント:9

続きを読むread more